前へ
次へ

食べるダイエットに外食マナーが使える

美意識の高さを改めて感じた美魔女の外食マナー、教養もある程度身についているのでしょうが、これは食べるダイエットに応用ができます。
例えば、身だしなみでは、料理を楽しむために香水やネイル、香りの強い整髪料は控えていました。
大皿料理は必ず取り分けてシェアしますが、食べたい欲を満たすにしても、ちょっとずつお皿に乗せる、シェアするだけで食べ過ぎを防止できます。
普段は箸を使うけれど、美魔女はナイフやフォークを愛用、慣れていない分だけ口に運ぶまでに時間がかかり、少しの量でも満足するようです。
スープも同じ、器に直接口をつければ口紅が落ちることにもなるけれど、流し込む量も増えてしまいますから、スプーンを使って美しく飲んでいます。
ランチではパン派という美魔女、今やブランや雑穀シリアルなどがブレンドされている糖質オフのパンもあります。
パンは一口ずつちぎって、美容によいオリーブオイルをつけながら食べています。
良質の脂質をプラスすれば、腹持ちもよく、主菜のソースやスープにつけて食べるのは、美味しいという証にもなるのでシェフには喜ばしいことのようです。
ハードブレッドを選ぶこと、ライスならば、少量でも膨らむリゾットなら平気に見えるけれど、チーズやら生クリームは太りやすく、できるなら咀嚼の回数が多いハードブレッドがイチ押しです。

Page Top